団体情報GROUP

ホーム > 団体 > おおいた演劇の会

おおいた演劇の会

代表者

清末 典子

事務局長

堺 絵里

所在地

大分市 末広町2-6-17朝日プラザ末広1-1003号室

電話番号

090-5934-0984(小野)

FAX番号

0977-67-7117

設立

平成19年7月1日

会員数

3団体15名

ウェブサイト

http://oitaengeki.syoutikubai.com/

関連イベント

●第10回 朗読劇「蝉なきやまず ~大分の空襲より~」
日時・場所:2019年8月4日(日)アストくにさき アストホール(国東市)
      2019年8月11日(日)別府市公会堂 大ホール(別府市)
      2019年8月28日(水)大分大学教育学部附属中学校(大分市)
      2019年8月31日(土)大分東部公民館 大会議室(大分市)
演出・脚本:清末典子
 おおいた演劇の会では、大分大空襲を題材とした朗読劇「蝉なきやまず」の公演を毎年行っている。今年は子役から大人まで18名が出演した。作品を創るために、時代背景や生活の様子などを調べ発表しあった。また、それぞれのエピソードにある地名や当時の地図を参考に作品に関連する場所巡りを行った。これらの時間は空襲体験者の手記をもとに創られた作品の理解を深め共有するために有意義なものとなった。
 本公演が10年の節目を迎えたことから、より一層、多くの方に観劇してもらえるよう上記4会場で公演を行い、それに伴いテレビ、ラジオ、新聞等、メディアでの宣伝を積極的に行った。
 最終日の会場は大分市平和市民公園での野外公演を予定していたが、公演当日は生憎の雨天となり、急遽、大分市東部公民館に変更しての「発表会」という形での本番を迎えた。会場を変更したうえ雨天のなかであったが発表会には80名程が来場し、客席は満員となった。作品を上演し続けることの意義や、伝え続けていく責任を改めて考える機会となった。
 本作品はこれまでに、大分市内の公園等屋外施設ほか、ホールや学校で公演してきた。これからも多くの方々に太平洋戦争の最中を生きた大分市民の様子を伝えていきたい。

●大演会2020
日時:2020年2月29日(土)18:00~(開催延期)
 「大演会」は、大分の演劇関係者が集まる交流会である。今回は約30名の参加が予定されていたが、新型コロナウイルス感染の動向等を踏まえた感染拡大防止の対応として、開催を延期することとした。

前のページへ戻る