団体情報GROUP

ホーム > 団体 > 大分県現代筝曲研究会

大分県現代筝曲研究会

代表者

仙波 歌月

事務局長

坂本 和子

所在地

大分市 志手5組の1 (仙波 歌月 方)

電話番号

090-3605-6697(坂本)

FAX番号

097-507-0736

設立

昭和47年4月1日

会員数

20名

ウェブサイト

http://www.koto-oita.com/

関連イベント

〔令和元年度の活動記録〕
 本研究会は、1972年に「邦楽育成会」の卒業生を中心に、創立されました。初代代表の菊池紅秀より引き継ぎ、現在は仙波歌月(生田流筑紫会師範)が代表を務めております。この会の目的は「新しい現代音楽を創り奏でる」ことにあります。設立当時、邦楽では古典が中心であった時代に、菊池紅秀はヴァイオリンやフルートと共演できるよう和楽器での新奏法を研究し、先駆的に大分に広めてまいりました。その意思を引き継ぎ、私、仙波歌月も日々精進しております。
 洋楽曲に比べてメロディーに乏しかった邦楽曲も、ここ近年では、聴くだけで涙が溢れてくる感動的な旋律を主体とする曲へと進化しつつあります。また和楽器バンドなどに代表されるよう、ロックやジャズの分野にも和楽器が使用されるようにもなりました。今後も幅広く邦楽曲が使用されるよう新しいジャンルにチャレンジしてくつもりでおります。

前のページへ戻る