団体情報GROUP

ホーム > 団体 > 煌峯流吟詠会

煌峯流吟詠会

代表者

玉田正光(会主:赤嶺紫洋)

事務局長

石田 彰

所在地

豊後大野市 三重町市場1559-5(赤嶺紫洋(洋子)方)

電話番号

0974-22-1255(赤峰)

FAX番号

0974-22-1255(赤峰)

設立

平成9年1月29日

会員数

40名

〔令和2年度の活動記録〕
令和2年度は、煌峯流吟詠会も新型コロナウイルス感染症の影響により活動が制限されました。
その中でも、2月に豊後大野市主催の豊後大野市芸術祭に出演しました。3月の新春吟詠大会、7月の夏季錬成大会、9月の験吟 は煌峯流吟詠会主催で実施しました。
2月の豊後大野市芸術祭は、新型コロナウイルス感染症の初期であり無事開催され、男子会員が出演し「誰か故郷を想わざる」を披露し、力強い吟で多くの観客から喝采を受けました。
3月の新春吟詠大会は新型コロナウイルス感染症の全国的な拡大により緊急事態宣言が発令された為3月22日に予定していた大会を中止し、3密を避けるため、各分会毎の開催としました。
4月の1ヶ月は詩吟の練習も自粛しました。5月から新型コロナウイルス感染症も落ち着いて来たので練習を再開しました。7月の夏季錬成大会も全体での開催は中止し、各分会毎の開催としました。
9月の験吟も練習が十分ではありませんでしたが、規模を縮小して開催し、6名が受験し全員合格しました。
10月の三重町文化協会文化祭、11月の三重町チャリティショーは中止となりました。
このように新型コロナウイルス感染症の為、文化祭等のイベントが中止、縮小され煌峯流吟詠会の活動も自粛が余儀なくされましたが、会員のみなさまの努力と協力により煌峯流吟詠会主催の行事は開催する事ができました。
これからも3密を避けソーシャルディスタンスを保ちながら活動を続けたいと思います。

前のページへ戻る