団体情報GROUP

ホーム > 団体 > 特定非営利活動法人おおいた第九を歌う会

特定非営利活動法人おおいた第九を歌う会

代表者

小手川 大助

事務局長

酒井 宏

所在地

大分市 千代町2丁目1-23弁護士法人アゴラ内

電話番号

097-537-1200

FAX番号

097-536-2000

設立

昭和29年4月17日

会員数

約200名

関連イベント

〔令和2年度の活動記録〕
 「大分第九の夕べ」演奏会を開催している「特定非営利活動法人おおいた第九を歌う会」は、これまで40年間続いてきた「大分第九を歌う会」を引き継ぎ、より県民に根ざした地域文化の振興と継続、発展を目指し、新体制として平成29年に発足したNPO法人です。
 「大分第九の夕べ」は、昭和51年に県民の手でベートーヴェンの最高傑作「交響曲第九番」の合唱を毎年演奏しようという機運が高まり、翌52年12月に大分県立芸術会館ホール及び別府国際観光会館において、大分県で初めて開かれました。初回は二台ピアノの伴奏、その翌年からは九州交響楽団との共演で、これまでに40回を超える演奏会を開いており、現在では大分の“年末の風物詩”として定着しています。

 昨年の第44回「大分第九の夕べ」は12月13日iichiko総合文化センターiichikoグランシアタにおいて、世界的に活躍されている現田茂夫を指揮に迎えるとともに、ソプラノに後藤裕美、アルトに小川明子、テノールに大槻孝志、バリトンに安藤常光と、大分県に所縁のあるそうそうたるソリスト陣を迎え、これに九州交響楽団約70名と「特定非営利活動法人おおいた第九を歌う会」約130名により開催する予定としていました。しかしながら、新型コロナウイルス感染予防の観点から、現在の状況を鑑みた場合、開催することは困難であると判断せざるを得ず、やむなく中止することとなりました。

 今年度は12月12日、指揮に鈴木優人、ソプラノに木下美穂子、アルトに三宮美穂、テノールに行天祥晃、バスに新見順平とベテランの演奏家を迎え、iichikoグランシアタで第44回「大分第九の夕べ」を開催します。
 これに伴いまして、本会では、一緒にステージに立つ合唱団員も募集しています。初心者の方でも、宮本修練習統括(大分県芸術文化短大名誉教授)による分かりやすい補講などのサポートも充実しており、自信を持ってステージに立ち、充実感に満ち足りた笑顔で歌い上げています。
 また、一般県民の方々にも「第九」の楽しさを理解していただくために、ベートーヴェンのプロフィールを元にしたレクチャー講座を開催したり、県内の音楽・合唱に関心興味を持っている数多くの中学生を公演に無料招待する等
の活動を行っています。是非、この感動を分かち合える仲間が、ステージにも客席にも増えていくことを願っています。
 当会では、今まで40年間を超える活動を続けてきた歴史を大事にし、これからも大分の地で、年末に歓喜の歌声を響かせる活動を多くの県民と共に進めていきたいと考えていますので、ご支援をお願い致します。

前のページへ戻る